医療技術の進歩で副作用もなくなる

放射線治療は早期の咽頭がんや早期の肺がん、前立せんがんなどに効きやすく、がん医療における手術と同等の成績を残しています。
また、舌がんなどの頭頸分がんは手術で切除を行うと大事な機能が失われてしまうので、放射線治療と抗がん剤治療を併用することも少なくありません。
治療法は大きく二つに分けられ、からだの外から放射線をあてる外部照射とからだの中からあてる体内照射の二種です。
かつては外部照射は四角いビームをそのままあてていたため、がん以外の正常組織に影響が大きいのが課題でした。
しかし、現在ではがんだけに照射できる治療法が普及しています。
三次元原体照射は、がんの大きさや形に合わせてビームをつくることができ、がんだけにピンポイントで照射可能です。
周囲の正常組織にはあたらず、合併症も減り回復が早くなっています。
また、強度変調放射線治療は三次元原体照射の発展形で、一本のビームの中にエネルギーの強弱をつけられます。
そうすることで、正常組織への影響をさらに減らせるわけです。
ほかにも、定位放射線治療は極めて狭い範囲に放射線を集中させてがんだけをピンポイントにならう治療法で、治療期間も短くて済むものなどもあります。

大阪の歯科技工士のための専門学校をご紹介

接骨院 一宮市

接骨院 一宮市

最新投稿